タンパク質生合成の細胞です�

すべての細胞の生物として独立栄養および従属栄養い、実施することができ合成タンパク質の主成分であるプラスチックの交換です。 複雑-多段工程におけるタンパク質合成生細胞(生合成される唯一のステップの形成ポリペプチドのアミノ酸、それぞれを占める一定のタンパク質分子です。 最も一般的な形で適用できるのは以下のようにします。 のシロイヌナズナの根の細胞のDNA分子の”記述”(エンコードされたワコードの配列のアミノ酸のタンパク質です。 に関する情報を核DNA配信することがで合成したRNAの発現と一致していた。 これを転写します。 は、RNAの細胞質への接続はリボソームます。 のリボソームの細胞質やアミノ酸です。 ことによって、転移RNAします。 情報および輸送RNAに沿って厳密に決定の配列のアミノ酸の中でその合成酵素のリボソームへのタンパク質分子です。 この転写コードRNAのアミノ酸のタンパク質分子と呼びます。 また、合成後のタンパク質分子の分離からのリボソームとように見えるが、小胞体への細胞です。

もあるといえるでしょうこれらの相タンパク質の生合成により詳細に説明します。

各DNA分子の符号化された配列のアミノ酸を多くが数百から数千種類の異なったタンパク質です。 の符号化方法は以下の通りです:の配列のアミノ酸のタンパク質分子のヌクレオチド配列のDNA分子になります。 でのアミノ酸をタンパク質を合成し、20、4ヌクレオチド、アミノ酸以上のヌクレオチドを組み合わせのヌクレオチドと呼ばれる三重項です。 すべてのこれらの組み合わせから4-3)は64であるものはいつも以上のアミノ酸です。
既に復号化のコードのすべてのアミノ酸を構成するタンパク質です。 このように、アミノ酸システインは符号化されるDNA分子の組み合わせはヌクレオチド(三重項):C—A1;アミノ酸バリン三重項C—A—A、アミノ酸ロイシン三重項—A—Cは、アミノ酸プロリン—三重項G—G—G

の略称は,次のとお使い:—アデニン,グアニン、チミン,C—シトシン、U—ウラシルです。

する場合には、DNA分子の塩基配列ます。

C-A-A-A-C-A-A-A-C-G-G-G

このようにこの部分のDNA分子の符号化された下記のリンクからアミノ酸のタンパク質分子の中にあります:

バリン—システイン—ロイシン—プロリンです。

の長さのDNA分子を大きく上回る長さのタンパク質分子に沿って単一DNA分子にできる符号化されたアミノ酸配列の多くのタンパク質です。 セグメントのDNA分子が関する情報は、タンパク質分子と呼ばれる遺伝子(この概念の章では”遺伝学”という。 の組み合わせのすべてのDNA分子の細胞で構成情報の構造についてのすべてのタンパク質が合成できるこの種の動物や植物です。 因として書き換えコードの情報をタンパク質合成からのDNA分子のRNA分子の発生過程において、合成します。
RNA合成することがで明らかにした。 どの場合にはDNA分子のRNAを合成する研究を行ってきたからヌクレオチドの原理により補完します。 のマトリクスの合成では、DNA分子です。 ですので注意する必要RNAはdiminovula塩基配列(T)はoralloy(U)です。 したがって、合成RNAに対して(DNA)の上昇U(RNA)に対しT(DNA)(RNA)のG(DNA)—C(RNA)vs C(DNA)—G(RNA)の上にコードの配列のアミノ酸は”翻訳”からの言語のDNAの言語のRNAは下記:

シスチンバリンシプロリン

アミノ酸配列より引用

このコード配列
一つの鎖のDNA

転写のこのシーケンス
分子のRNAより引用

C—A—A—A—C—A—A—A—C—G—G—G
G—U—U—U—G—U—U—U—G—C—C—C

これにより、同一のアミノ酸(例えば、バリン)のDNA分子によりコードされるこの三重項C—A—A、転写因子のRNA分子の符号化されたcomplentary三重項G—U—U この自然から、以下のような方法で合成の分子RNAです。 後にこれらの反応の分子からの核の細胞質と接触すリボソームます。 場所のタンパク質合成はリボソームます。 それぞれている場合張で分子のRNA(図8)にそって動かすことで、”読む”プランの組み立てのタンパク質分子の三重項のための三重項です。 の変容本プランは現実のタンパク質分子での参加は別の核酸転移RNAします。

輸送の分子RNAは十分なクレヨンはシングルチェーンのヌクレオチドます。 各分子の転移RNAが特異的な単一アミノ酸のみを届けできるから細胞質への”組立”タンパク質です。 特異性の転移RNA分子によりその構造の一端を短チェーンを三重項に対応するコードのアミノ酸(例えば、バリン—C—A—A)およびその他の端を化学的に接続だけで同じものです。 このペア(たとえば、Malinova転移RNAのバリン)は、これらのリボソームます。 場合は、この時点でのリボソームは”malinowa”三重項RNA(G—U—U)は、”malinowy”三重項無料の輸送RNA(C—A—A)の原則に従って補完すぐに入RNAします。 このように、アミノ酸バリンを固定かでは最初に符号化されるDNA分子(三重項C—A—A)、その分子RNA(三重項のG—U—U)、最後に、転移RNAの三重項C—A—A このように、リボソームに沿って移動するRNA分子の異なる転移RNAとそのアミノ酸のRNAです。 酵素システムのリボソームの順にクリーブ加工されたアミノ酸からの転移RNAと結ぶようにとの連鎖がタンパク質分子です。 出RNAを輸送した後、細胞質の一部分のアミノ酸です。 この確立の特異性タンパク質の分子レベルでの構造です。 二次と三次構造のタンパク質分子の決定により、その一次構造のその他の条件です。 も念頭におく必要があるとの認識が述された要素の生合成する触媒する酵素の供給とエネルギーによるATP分子です。
でも非常に模式的に記述する過程で生合成に驚き、秩序正しさです。 場合に追加することは、生細胞の合成とタンパク質分子のみを持3-4秒で、同時に異なる部分の細胞は、合成の様々なタンパク質とともに付属する多くのその他の生化学的プロセス、その質問はどのようにはで調整可能なのか。 ないすべてのための具体的な方法は規制が発見された。 その主な原則の規制を生きた細胞は、自動制があります。 とても簡単な場合は、次のようなものです。 合タンパク質合成の細胞に十分な額になることを防ぎまさの合成は、このタンパク質の細胞ます。 またはさらに別の細胞(又はその他の方法で検索することができます。するタンパク質に関わる酵素をその合成方法としてブレーキをかけます。 酵素一時的に停止操作します。 の合成は一時停止します。 でも、それがタンパク質を消費します。 このように、その抑制効果を酵素消滅します。 合成。
も容易に理解できるかに長い年月の経験等を踏まえて、経路の進化は、生物の前にはいよいですが、アメニティに歯ブラシautoreguljatsiiます。

になります�

この投稿はБілоруська, Český, Deutsche, English, Español, Suomalainen, Français, Italiano, Norsk, Polski, Portugues, Русский, Українська, 中國で表示できます。



Tags:,
Реклама: